おいさんとお出かけ記録

9つ差夫婦の特別な風景

日帰りスノボ 夜行バス編

先日ゲレンデの決め方を書きましたが、

今回は実際に乗った夜行バスについてです(^^)

前回伝えたとおりビーウェーブという旅行会社から申し込んだ

猪苗代スキー場行のバスです。

以下のカテゴリーに分けて体験談を書いていこうと思います。

 

  

 

夜行バスについて

私たちは池袋からの乗車だったのですが、他にも大宮や

新宿などぜんぶで5箇所ありました。

 

各場所からマイクロバスか何かで池袋に行き、

そこから観光バスに乗り換えて目的のスキー場に向かう

という流れみたいです。

池袋から乗る人は初めから観光バスに乗ることになります。

 

バスはごく普通の観光バスで、座席の間隔も最低限。

ボトルホルダーと網ポケットはありますが、コンセントは

ないのでモバイルバッテリーは必須です。

エチケット袋も用意されてないないので不安な方は

持っていきましょう。

 

今回乗車された人たちは、ほぼ大学生で男女別のグループが

多かったです。

おいさんが最年長じゃないかと思うくらいの年層で、

カップル・夫婦は私たち含めて3組ほど。

ちょこちょこ話し声は聞こえますが、気になるほどでは

ありませんでした。

 

 

座席とリクライニング

席順が決まっているので、乗車時に確認します。

予約順なのか、後ろから座席が決められていて前方座席は

空席が多数。
f:id:oisanto:20190203224324j:image

もう少しバランス良く配置してくれるとリクライニングも

遠慮なくできると思ってしまいますが、たぶん平等にするため

このような座席になっているんだと思います。

 

後ろに必ず人がいる形なので、リクライニングをする際は

すこし配慮が必要です。

と思っていたのですが、前の方がマックスに下げられて

だいぶ窮屈な思いをしました(¯―¯٥)

 

本当に狭かった…。

私はクセで椅子の上で体育座りのように小さくなって

座るのですが、動きにくく体制を変えるのも一苦労です。

念のため、全倒しされることを覚悟して乗ったほうが

いいのかも。。。

 

お手洗い休憩

バスにはお手洗いは付いていません。

2〜3時間ごとに20分程度のトイレ休憩を挟んでくれますが

真夜中だろうと睡眠中だろうと関係なく、車内を明るくして

アナウンスしてくれます。

せっかくの熟睡タイムを妨げるので若干、

寝不足感がありました(^_^;)

 

夜の休憩が計3回ほどで明け方には休憩はなかったです。

(寝てて気づかなかったのかも💦)

スキー場に8時前到着予定で最後に寄った休憩は

4時ごろだったと思います。

“何時に休憩”や“あと何ヶ所寄る”などの詳細は

アナウンスされないので、不安な方は直接ドライバーさんに

聞いたほうがいいかもしれませんね。

 

また、夜行バスは時間調整も兼ねているらしく高速道路と

下道を組み合わせて走行していました。

車酔いに敏感な方は寝るからと油断せず、酔いどめ薬を

しっかり飲んどきましょう。

 

スキー場の経由

夜行バスでのスノボ初体験で1番驚いたことがあります。

 

朝、目が覚めた時にはあたり一面雪で小さな建物がある前で

バスが止まっていました。

スキー場に着いたのかな?と思って時計を見ると

到着予定時刻の1時間半前。

巻いて早くついたのかなーと考えていたらアナウンスが入り、

聞き覚えの全くないスキー場の名前を聞いて一瞬焦りました。

 

“予約場所間違えた⁉⁉”

 

アナウンスは続き、「〇〇スキー場でお降りの方は

ご支度お願いします」と。

そこでやっと何ヶ所か経由していることが

分かりました(。>﹏<。)

 

申込時も乗車時にも特に説明がなかったので

すぐ希望のスキー場に着くものだと思いこんでいました。

まぁ旅行会社からしてみれば同じ方向なら

合わせちゃいますよね💦

 

無駄な焦りをしてしまったw

とりあえず、そんなこんなで無事目的のゲレンデには

到着しました(^^)v

 

夜行バスに必要物

今回、私たちが夜行バスで利用したものです。

・飲み物 ・おやつ ・朝ごはん

・エアー枕 ・ミニツボ押し

・ウエットティッシュ ・マスク

・モバイルバッテリー

 

バスの中は乾燥しやすいので飲み物の減りが早かったです。

ただ、トイレに行けるタイミングが決まっているので

気をつけましょう。

飲み過ぎ防止も兼ねて、おやつにアメやラムネを

持っていきました。

乾燥時は特に口が寂しく感じるのでオススメです!

 

旅のお供とも言えるエアー枕は必須です。

翌朝のスノボに影響が出てはいけませんので少しでも安眠が

取れる環境を整えましょう。

 

ツボ押しは座りっぱなしで体が辛くなってきた時に何かと

便利なので旅行の時に持っていくようにしています。

 

酔いやすい方は酔いどめ薬を忘れずに!

酔わない方は時間潰しの本などもあるといいと思います📕

 

では、長くなってしまいましたが夜行バスでの旅の

参考になったらと思います!

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村